しゃもじの備忘録

カメラを中心にいろいろ独自紹介記事も書いたりします。

劇場版 誰ガ為のアルケミスト完成披露試写会 の感想

劇場版 誰ガ為のアルケミスト完成披露試写会の感想 (映画)(イベント)

5/24に、6/14公開の映画『劇場版 誰ガ為のアルケミストの完成披露+舞台挨拶』に行ってきました。場所はTOHOシネマズ新宿の9番スクリーン(TCX)です。

f:id:shamo-ji:20190524231839j:plain

公式サイトはこちら↓

tagatame-movie.jp

 

今回の感想で主要な点は3つ

①ヒロイン役の水瀬いのりさんが相変わらず可愛い。

②本編はネタバレ出来ないので言えないが完成度は高い。

③本編終了後の舞台挨拶でまさかの石崎ひゅーい氏のサプライズ生歌披露!

 

①本編公開前の舞台あいさつは主役声優のお二人(水瀬いのりさん、逢坂良太さんも参加)。ぶっちゃけこれ目当てで行きました。

水瀬いのりさんは緑色の肩出しドレスでした。可愛い。

 

インタビュー内容:ヒロインを演じる上では、世界観を打ち合わせで丁寧に説明されていたこと、「普通の女の子を演じればいい」という点のために役作りがしやすかった点を話されていました。また、ヒロインと自分の共通する点について、「幼少期にごっこ遊びをして演技をしていた」点が本編で出てきて動揺したらしく、自分の黒歴史を母親にネタを提供されたのかと思ったとか。他の方の会話も面白く、終始笑顔でした。

 

②本編はネタバレになるのでほとんど書けませんが、異世界にヒロインのカスミが召喚されたストーリーのため、我々普通の地球人目線であるカスミの視点で話が進行するため、ゲームの世界観を押し付けられたりする感じがなくて見やすかったです。

 

③本編後の舞台挨拶、今度は声優さんに代わって主題歌を担当された石崎ひゅーいさんが登壇です。偶然ギター持ってきたんですよといいながら突然サプライズで生歌が披露されることに。すごいいい歌でした。石崎ひゅーいさん今後も要チェックですね。

 

 

 舞台挨拶は去年ぶりですが、今回は本編が面白かったので生水瀬さんを見れる+本編1800円+石崎ひゅーいさんの生歌で2300円はコスパ高すぎなイベントでした。とても良かったです。

 

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。