しゃもじの感想

基本的にTwitterに書いた感想の抜粋です。独自紹介記事も書いたりします。

明日ちゃんのセーラー服(漫画) の感想

明日ちゃんのセーラー服(漫画) 感想:AA(美しい漫画)

タイトルと表紙はなんか色っぽいが内容は全く素朴で、主人公の少女が憧れのセーラー服を着て女子校で周りの生徒と仲良くなっていくお話。驚くべきは作者の描写力で、1ページ1ページが芸術的とさえいえる表現力。完璧な漫画。

 

f:id:shamo-ji:20180527035432j:plain

 

主人公の明日小路(あけびこみち)は劇中当初小学六年生。セーラー服を着たアイドルの姿に感激し、自分の母親もセーラー服の女子校出身だったことから地元の名門女子校、蝋梅学園に進学を決める。

 

f:id:shamo-ji:20180527040339p:plain

 

f:id:shamo-ji:20180527040430j:plain

 

お母さんは仕立て屋さん。憧れのセーラー服をお母さんに縫ってもらい、いざ入学式へ。

 

f:id:shamo-ji:20180527040808p:plain

 

ところが・・・

 

f:id:shamo-ji:20180527040847p:plain

 

なんと、蝋梅学園の制服がセーラー服だったのは昔の話で、現在はブレザーになっていました。一人だけのセーラー服。しかし学園長はたった一人の奨学金入学者(両親の経済事情+入試1位)のためにこれを認めます。当初は泣き顔だった明日ちゃんですが、せっかくお母さんが作ってくれたセーラー服に自信を持ち、持ち前の明るさで友達を増やしていきます。

 

とにかく、明日ちゃんが周囲と触れ合う中で、一つ一つのコマや画面の描写力に圧倒されます。素晴らしい表現力です。

 

f:id:shamo-ji:20180527041926p:plain

f:id:shamo-ji:20180527042003p:plain

f:id:shamo-ji:20180527042035p:plain

 

現代のオアシスのような漫画です。

現在3巻まで発売されてます。ぜひ手にとっていただきたい漫画です。