しゃもじの感想

基本的にTwitterに書いた感想の抜粋です。独自紹介記事も書いたりします。

ガルパンねんどろいど戦車を集めてみた(フィギュア)(戦車)

昨年から予約注文していたねんどろいどもあの戦車+ねんどろいどぷちのフィギュアが全て揃ったので紹介したいと思います。

 

T-34/85及びT-34/85冬季限定迷彩verとカチューシャ及びノンナ

f:id:shamo-ji:20170928140220j:plain

 

既にこちらに紹介していますので、どうぞ↓

shamoji.hatenadiary.jp

T-34/85はT-34からT-43へ開発が移行する間の戦車で、ドイツのパンター戦車に対抗するためにT-43の砲塔を修正してT-34に搭載することで大量生産に成功しました。

f:id:shamo-ji:20170928141339j:plain

出典:

T-34-85 - World of Tanks Wiki*

 

 

ティーガー戦車と西住まほ及び逸見エリカ

f:id:shamo-ji:20170928142227j:plain

なんとティーガー戦車にはT-34/85と同様、2人搭乗できるので公式推奨の西住まほ隊長だけでなくアニメでは別行動をしていた逸見エリカも搭乗させてみました。

 

f:id:shamo-ji:20170928142539j:plain

正面図

 

f:id:shamo-ji:20170928142859j:plain

背面図

 

ティーガーについてはもはや説明する必要がないと思いますが、

第2次大戦のドイツの代名詞的的な戦車です。自慢の正面100mm装甲厚と元々は高射砲である8.8cm KwK36 L/56を搭載してソ連の戦車を大量に葬り去りました。

 

f:id:shamo-ji:20170928144352j:plain

出典:

Pz.Kpfw. VI Tiger - World of Tanks Wiki*

 

 

センチュリオン島田愛里寿

f:id:shamo-ji:20170928150502j:plain

正面図。センチュリオンねんどろいど戦車シリーズで一番大きいです。砲塔は劇場版仕様で実車とは少し違います。当初の設計モデルかな?重厚で迫力があります。

 

f:id:shamo-ji:20170928150943j:plain

背面図。ワイヤーがリアルです。

 

センチュリオンは第2次対戦後のイギリスの第一世代主力戦車であり、ティーガーに対抗して設計されました。

 

f:id:shamo-ji:20170928152535j:plain

出典:

Centurion Mk. 7/1 - World of Tanks Wiki*

 

④BT-42とミカ

f:id:shamo-ji:20170928153607j:plain

正面図。実はこのフィギュア、クリスティー式が再現されており、履帯が外れるようになっていて劇場版で履帯切れた時と同じ装輪装甲車として遊ぶことも出来ます。

 

f:id:shamo-ji:20170928154025j:plain

背面図。

 

BT-42はフィンランドの戦車ですが、車体はソ連から鹵獲したBT-7を使用し、主砲はイギリスの4.5インチ榴弾砲(殆ど骨董品に近い)を搭載した、完成時点で既にアンティークに近い戦車です。劇場版ではパーシング3両を撃破しましたが、まぁ主人公補正です。

 

f:id:shamo-ji:20170928154719j:plain

出典:

BT-42 - Wikipedia

 

 

以上が今所持しているねんどろいどもあシリーズの戦車とガルパンキャラになります。

リアルさを追求した普通のプラモではなく、ねんどろいどぷちのキャラクターが搭乗できるように設計されているところが面白かったのでつい揃えてしまいました。(予約してから実際に手元に届くまで半年以上かかりましたが・・・)

 

シリーズとしては他にもあんこうチーム全員が乗れるⅣ号戦車とドゥーチェが乗れるCV33もあるのですが、個人的にそんなに好きな戦車でもないので買いませんでした。

劇場版に登場した中ではティーガー2(キングティーガー)やT28(T95)やチハ、KV-2なんかがねんどろいどもあになったら欲しいのですが、今のところ無いようです。

 

ここまで見ていただいてありがとうございました。