しゃもじの感想

基本的にTwitterに書いた感想の抜粋です。独自紹介記事も書いたりします。

幼女戦記(漫画版)の感想 ~ヴィーシャが可愛い~

幼女戦記(漫画) 感想:A(オススメ)

架空戦記で原作は読みづらい部分もあるが、漫画版はそこをわかりやすく解説されており、かつキャラ造形が見事。主人公も可愛らしいし、なんといっても女房役で副官のヴィーシャが可愛い。

 

この作品のヴィーシャはとにかく可愛いです。召集され幼年学校を卒業、いきなり主人公ターニャのもとに配属されます。そこでキッツイ戦場経験を経て、また後に促成将校過程を経て少尉へと昇進し、ターニャにとってはかけがえのない副官となっていきます。(コーヒーを入れてくるタイミングなど、秘書としては完璧)

 

アニメ版ヴィーシャ(公式サイトより)

f:id:shamo-ji:20171125204848j:plain

声はいいけどあまり可愛くない・・・

 

漫画版ヴィーシャを一気に駆け抜けます

f:id:shamo-ji:20171125205000j:plain

f:id:shamo-ji:20171125205006j:plain

f:id:shamo-ji:20171125205014j:plain

f:id:shamo-ji:20171125205220j:plain

f:id:shamo-ji:20171125205243j:plain

f:id:shamo-ji:20171125205302j:plain

f:id:shamo-ji:20171125205327j:plain

ヴィーシャの貴重なヌードシーン!!!

 

f:id:shamo-ji:20171125205355j:plain

f:id:shamo-ji:20171125205429j:plain

f:id:shamo-ji:20171125205451j:plain

f:id:shamo-ji:20171125205515j:plain

f:id:shamo-ji:20171125205535j:plain

f:id:shamo-ji:20171125205602j:plain

f:id:shamo-ji:20171125205621j:plain

f:id:shamo-ji:20171125205647j:plain

f:id:shamo-ji:20171125205725j:plain

 

ターニャに忠誠心が高く、可愛くて凛々しい副官のヴィーシャが素敵なので幼女戦記漫画版はオススメです。

 

現在のカメラ(LUMIX)と所有レンズの紹介(カメラ)

現在のカメラと所有レンズを紹介します。

 

まず、僕はミラーレスのマイクロフォーサーズ規格のPanasonicのカメラとレンズを所有しています。これには理由があって、

①安くレンズを揃えられること

②小型軽量で持ち運びがしやすいこと(レンズも本体も)

③ミラーレスメーカーではレンズラインナップが多い(2社が開発しているため)

というメリットがあるからです。

 

ではデメリットは何があるかというと、フルサイズに比べると

①センサーサイズの小ささにより夜間/夜景の高感度撮影が苦手

②センサーサイズの小ささによりボケ量が少ない

③センサーサイズの性能により画質、解像度が下がる

という点を挙げられます。

 

ただ、個人的にはフルサイズのメリットのためだけに30万以上のカメラや15~30万のレンズを買う気にはとてもなれないです。等倍表示で見たい人はフルサイズを買うべきですが、普段はiPadで表示するくらいでそういう趣味はないのでPanasonic

 

マイクロフォーサーズならOLYMPUSという選択肢もあるのですが、

最初に買ったミラーレスがPanasonicのGX1だったので純正のほうがいいと思い、Panasonicのレンズをコツコツと集めています。

 

 

並べるとこんな感じ。20mm/f1.7はGX1と共に人に譲渡しました\(^o^)/

 

f:id:shamo-ji:20171112031356j:plain

レンズ左から25mm、42.5mm、14-140mm、12-60mm、

本体に付けているレンズは15mmの計5本です。

 

 

 

話が長くなりましたが、ここで使用しているカメラを紹介します。レンズは後にお気に入り順に発表します。

 

使用カメラ:GX7markⅡ

PanasonicのGシリーズ、GHシリーズに続くGXシリーズの4代目で、本家Gシリーズの性能をコンパクトにまとめたのが売りのカメラです。詳しくは紹介ページにありますが、本体5軸の手ブレ補正や小さいEVFが付いていること、操作面がシンプルなことが挙げられます。

f:id:shamo-ji:20171112031037j:plain

現在の価格は本体が6万円程度です。

shamoji.hatenadiary.jp

 

 

お気に入りレンズ第1位!

LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0

f:id:shamo-ji:20171112032808j:plain

このレンズを買う前にライカ15mmと14-140mmの便利ズームを持っていたのですが、超望遠域はほぼ使わないこと、ライカの色乗りが気に入ったことで購入。大満足で今はメインレンズです。ちょっと重い。

 

一番お気に入りの写真と作例

f:id:shamo-ji:20171112033151j:plain

shamoji.hatenadiary.jp

 

 

お気に入りレンズ第2位!

LUMIX G 42.5mm/F1.7

f:id:shamo-ji:20171112033712j:plain

花撮りに欠かせないレンズです。ピントがあったところ以外はえらくボケます。しかもオリンパスの同種レンズに対応してかレンズ内手ブレ補正付き。至れりつくせりで大変気に入っています。花を撮るときはだいたいこのレンズです。

 

一番お気に入りの写真と作例

f:id:shamo-ji:20171112033948j:plain

shamoji.hatenadiary.jp

 

 

お気に入りレンズ第3位!

ライカ DG SUMMILUX 15mm/F1.7

f:id:shamo-ji:20171112081725j:plain

GX7mark2とセットレンズとして購入しましたが描写力は素晴らしいです。絞りダイヤルがついててパナ機だと絞りダイヤルで絞るのが面白いです。結構広角なので風景写真より。もちろんテーブルフォトも出来ますが、その場合は20mm~25mmのほうがやりやすいです。

 

一番お気に入りの写真と作例

f:id:shamo-ji:20171112082059j:plain

shamoji.hatenadiary.jp

 

 

お気に入りレンズ第4位!

LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

f:id:shamo-ji:20171112082453j:plain

いわゆる10倍ズーム。超便利です。旅行に持っていけるレンズが1本しかないならこれか12-60mmかってところですね。表現力はライカにやや劣りますがそこまで悪くないです。140mmでしか撮れない写真もあるので悩みどころ。

 

一番お気に入りの写真と作例

f:id:shamo-ji:20171112082739j:plain

shamoji.hatenadiary.jp

 

 

お気に入りレンズ第5位!

LUMIX G 25mm/F1.7 ASPH. H-H025-K

f:id:shamo-ji:20171112083300j:plain

最近買ったばかりのコスパのいい単焦点です。描写力はいいので順位は迷ったんですが、新参ということでこの位置にしました。単焦点だけあって安いレンズとは思えない描写力をしてくれます。標準レンズとして写真の勉強にもなる、気軽に持ち運べるスナップレンズです。

 

一番お気に入りの写真と作例

f:id:shamo-ji:20171112083835j:plain

shamoji.hatenadiary.jp

以上が現在の所有レンズの紹介になります。ご購入の参考になれば幸いです。

ここまで読んでいただいてありがとうございました。

 

 

 

LUMIX G 25mm/F1.7 の感想(カメラ)

LUMIX G 25mm/F1.7 ASPH. H-H025-K

今回紹介するのはパナソニックの25mm/f1.7の単焦点、つまりパナソニックオリンパスが出してる単焦点の中で一番安い25mm(35mm判換算50mm)のレンズになります。パナライカでもオリンパスでもありません。その理由は、私がヨドバシのポイントを2万円持っていたため、ちょうどポイントで買えるレンズだったからです。

そんな適当な理由で買った標準レンズですが、使ってみるとあら綺麗。かなり使いやすいしそれなりの画も出ます。多分パナライカやオリンパスには劣っているのでしょうが、普通にしっくりくるボケ方に解像度もそれなり、コントラスト高めでほぼ現像時弄る必要なしです。

 

f:id:shamo-ji:20171111200238j:plain

f:id:shamo-ji:20171111200255j:plain

 

・画質 A+

素直なレンズです。値段は安いですが表現力はしっかりしており安かろう悪かろうでは決して無いです。f1.7の明るさでボケ写真もちゃんと作れますが個人的にはf1.8~2.0まで絞ったほうがいい気がします。

 

・値段 A

20000円程度で買えます。入門用単焦点レンズに最適。

 

・携行性 AA

パンケーキの20mm/f1.7に比べると太くて長い。42.5mmよりも大きい。ただしすごい軽いですしズームレンズに比べると短くて軽い。

 

・手ぶれ補正 C

LUMIXのレンズですが手ぶれ補正が付いていません。本体に手ぶれ補正がある最近のLUMIXボディかオリンパスボディなら問題ないです。

 

・利便性 A+

単焦点1本ならこれ。標準レンズだけあって絶妙な画角です。

 

・総評 A+(買いやすい)

値段がまず他のレンズより1万近く安いです。これは高評価。画質は多分パナライカに随分劣るかもしれませんがコスパで考えると必要十分です。というかパナライカ25mmはⅡを出して欲しい。ダサすぎます。15mmはあんなに格好いいのに。パナライカ25mmがⅡを出してくれるまで僕はこの単焦点を繋ぎとして使い続けます。

 

以下、作例(六本木に行った際の写真です)

f:id:shamo-ji:20171111201509j:plain

f:id:shamo-ji:20171111201525j:plain

f:id:shamo-ji:20171111201541j:plain

f:id:shamo-ji:20171111201558j:plain

f:id:shamo-ji:20171111201615j:plain

f:id:shamo-ji:20171111201640j:plain

f:id:shamo-ji:20171111201705j:plain

f:id:shamo-ji:20171111201730j:plain

f:id:shamo-ji:20171111201748j:plain

f:id:shamo-ji:20171111201809j:plain

f:id:shamo-ji:20171111201840j:plain

f:id:shamo-ji:20171111201938j:plain

 

花の作例

f:id:shamo-ji:20171111202108j:plain

f:id:shamo-ji:20171111202142j:plain

f:id:shamo-ji:20171111202203j:plain

f:id:shamo-ji:20171111202240j:plain

f:id:shamo-ji:20171112173914j:plain

 

 

いかがだったでしょうか。テーブルフォトには使いやすいですね。花もそれなりに撮れます。スナップは少し切り取りすぎとも拾いすぎとも感じることがあるので標準レンズの宿命として足で稼ぎましょう。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

新海誠展の感想 (展覧会)

新海誠展(展覧会) 感想:AAA(とにかく来て)

新海誠作品の全てが展示されてます。美術画集なんかも持ってますが実写との比較とかもあって勉強になるばかり。外国人も多い。記念ムービーもあり。

今日から12月18日までと会期が短いので忘れないうちに来て下さい。

六本木の国立新美術館です。

 

f:id:shamo-ji:20171111164547j:plain

 

六本木の国立新美術館で11月11日から12月18日まで開催されます。開催期が短いので注意して下さい。ここ、新国立美術館は劇中で瀧くんと先輩のデートにも使われているいわば聖地です。聖地での展覧会なのでぜひ行きましょう。

 

内容としては作品の企画書、絵コンテ、ラフ画、作画監督のデザイン、原画、作中の背景に至るまでの処理、完成図、実際の作品を数分(壁掛けディスプレイが多数設置)という流れで、一作目 ほしのこえ ~ 最新作 君の名は。までを紹介します。作品が出来ていく過程が目に見えるので、ファン垂涎の紹介ラインナップといえます。

また、最初にほしのこえの制作環境と君の名は。の制作環境も紹介されているほか、入場口と出口ではこの展覧会でしか見られない新海作品のダイジェストともいえるムービーを見ることができます。

一応、神木隆之介くんのナレーションボイスを550円で聞くことが出来ますが、聞いてみたところ特に必要ない感じでした。

 

写真を撮れるスペースでは作中の美術館のシーンがちょっと再現されています。ぜひ写真を撮ってみましょう。

 

作中のシーン

f:id:shamo-ji:20171111170209j:plain

 

展覧会のスペース

f:id:shamo-ji:20171111170235j:plain

 

2人が休憩をしている2階のカフェテリアの様子を3階から眺めているシーンは、エレベーターで3階を出たところすぐのところから写すことが出来ます。(展覧会外)

 

作中のシーン

f:id:shamo-ji:20171111170546j:plain

 

実際の3階からの写真

f:id:shamo-ji:20171111170647j:plain

 

全く同一角度から撮ろうとすると、アニメの背景ではエレベーターが消されていることがわかりますね。

 

展覧会ショップではいろいろ買ってしまいました。

f:id:shamo-ji:20171111170917j:plain

君の名はビジュアルブック(展覧会でなくとも買えます)と

新海誠展図録(展覧会限定品。2500円)

 

f:id:shamo-ji:20171111171056j:plain

絵ハガキを気に入ったの13枚

 

f:id:shamo-ji:20171111171146j:plain

A4クリアファイル3枚セット。真ん中にあるのは展覧会参加者の記念スタンプです。

 

新海誠作品が好きな人間には大変満足な展覧会でした。

開催期が短いのでみなさん忘れずに行きましょうね。

 

 

Call of Duty: WWII CODWW2(ゲーム)の感想

CODWW2(ゲーム) 感想:A+(オススメ)

久々にFPS を買ったが大当たりだった。欧州戦線を1人のアメリカ人兵士の視点で描く。かけがえのない戦友。実写と見紛うグラフィック。シャーマンにも乗ってティガー2を倒せます。FPS酔いさえしなければ最高のゲームです。

 

f:id:shamo-ji:20171105102537j:plain

 

ノルマンディー上陸作戦から始まる本作ではとにかく戦友とのやりとりが強調されており、また、グラフィックもほぼ実写のため、主人公のダニエルズにすごく感情移入できます。難易度もルーキーからベテランまであり、FPS初心者でもルーキーなら初見殺しを除けばほとんど死なずにクリアできる難易度となっており、安心して購入することができます。

 

いろいろと面白いシーンはあるのですが、個人的に面白かったのは市街戦でシャーマンに乗っているとティーガー2や4号戦車と遭遇してしまい1対2で倒さないといけないシチュエーション。WoTならほぼ詰みですがCoDならヤれます。

 

 

キャンペーンモードをやっただけですが、泥臭い戦闘あり、戦車あり、スパイアクションあり、潜入あり、とにかく映画を見ているような素晴らしいFPSです。CoDシリーズのファンのみならず、全てのゲーマーにオススメです。

ちなみに自分はSteamで買いました。GTX1060を積んでれば最高設定でもヌルヌルです。PS4XBOXも発売中。

 

ライカ LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0 の感想(カメラ)

横浜に行く機会があったので、買ってからまだあまり使っていないライカ ELMARIT 12-60mmを思い切り使いたくなったので使ってみました。

LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH./POWER O.I.S. H-ES12060

f:id:shamo-ji:20171031210609j:plain

f:id:shamo-ji:20171031210629j:plain

実売価格は92000円程度。決して安くないですが、12mmスタートで無難に使える60mmまでカバー、F2.8スタートとパナライカレンズ特有の色ノリの良さが冴える銘玉だと思います。

 

・画質 A+

12mmのf2.8スタートで思ったより広く写せます。また、60mmまで望遠にしてもf4.0まで下がりますが画質やコントラストはほぼ下がりません。

 

・値段 B-

92000円です。パナライカレンズにしては仕方ないですが少し高いかな。zuikoの14-100は14万くらいなのでそれよりはやすいでしょう。

 

・携行性 B

少し重いです。が、最近マイクロフォーサーズでも重いズームが増えたので標準的かな。単焦点と比べると当然重いです。

 

・手ぶれ補正 A+

GX7mk2とのデュアル手ぶれ補正が最強です。

 

・利便性 AA

12-60mm(35mm判24-120mm)は相当便利な画角なので、これ一本でスナップからポートレートまでいけると思います。近接でのボケは単焦点に負けますが。

 

・総評 A+

値段が92000円ということを除けばパナソニックユーザーにはぜひオススメしたい一本です。とにかく便利な画角で、広角から適当な望遠まで一本で済んでしまいます。画質も良く、状況次第では単焦点とほとんど変わりません。夜景もデュアル補正で手持ちで取れます。かなり気に入ってしまいました。

 

 

作例(横浜)

f:id:shamo-ji:20171031212353j:plain

f:id:shamo-ji:20171031212413j:plain

f:id:shamo-ji:20171031212427j:plain

f:id:shamo-ji:20171031212447j:plain

f:id:shamo-ji:20171031212503j:plain

f:id:shamo-ji:20171031212522j:plain

f:id:shamo-ji:20171031212540j:plain

f:id:shamo-ji:20171031212558j:plain

f:id:shamo-ji:20171031212615j:plain

f:id:shamo-ji:20171031212628j:plain

f:id:shamo-ji:20171031212657j:plain

f:id:shamo-ji:20171031212717j:plain

f:id:shamo-ji:20171031212734j:plain

f:id:shamo-ji:20171031212751j:plain

f:id:shamo-ji:20171031212924j:plain

f:id:shamo-ji:20171031212940j:plain

f:id:shamo-ji:20171031213001j:plain

f:id:shamo-ji:20171031213019j:plain

f:id:shamo-ji:20171031213036j:plain

f:id:shamo-ji:20171031213055j:plain

f:id:shamo-ji:20171031213115j:plain

f:id:shamo-ji:20171031213138j:plain

 

以上が作例になります。個人的にはスナップから夜景まですべて手持ちでそれなりに撮れてると思います。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

 

 

 

コスモスを撮りに昭和記念公園に行ってきた(カメラ)

先日、晴れた日にコスモスを撮りに東京都立川市昭和記念公園に行ってきました。

使用した機材は

GX7markⅡと

LUMIX 42.5mm/f1.7(35mm判85mm相当)と

ライカ 12-60mm/f2.8-4.0(35mm判24mm-120mm相当)です。

ライカレンズのほうは買ってから使うの初めてです。写真の作例が揃ったら今後レンズを紹介したいと思います。

 

ドワーフセンセーション」

f:id:shamo-ji:20171021173616j:plain

 

f:id:shamo-ji:20171021173647j:plain

 

f:id:shamo-ji:20171021173748j:plain

 

f:id:shamo-ji:20171021173810j:plain

 

f:id:shamo-ji:20171021173840j:plain

 

f:id:shamo-ji:20171021173912j:plain

 

コスモスの写真は以上です。キバナコスモス等は去年たくさん撮ったので今年は撮りませんでした。

 

「日本庭園」

f:id:shamo-ji:20171021174050j:plain

 

f:id:shamo-ji:20171021174127j:plain

 

f:id:shamo-ji:20171021174145j:plain

 

盆栽園で盆栽が並べられていました。

f:id:shamo-ji:20171021174242j:plain

 

f:id:shamo-ji:20171021174308j:plain

 

f:id:shamo-ji:20171021174321j:plain

 

f:id:shamo-ji:20171021174344j:plain

 

上記3つの盆栽は全て手のひらサイズです。

f:id:shamo-ji:20171021174450j:plain

 

日本庭園は大変趣のある場所でした。ここで昼食休憩のカツカレー。

f:id:shamo-ji:20171021174550j:plain

美味しかったです。

 

ケイトウとパンパスグラス」

f:id:shamo-ji:20171021174639j:plain

 

f:id:shamo-ji:20171021174708j:plain

 

以上が昭和記念公園の写真です。個人的にはライカ12-60mmが希望通りの画を出してくれるので撮ってて気分が悪くなかったです。単焦点もいいのですがやはり交換が面倒なので、コスモスの背景をボカす写真とか以外は基本的に12-60mmズームを使ってしまいました。手ブレ補正内臓なので、GX7mk2の本体手ブレと組み合わせのDual.ISが働いて全く手ブレせずに写真を撮ることが出来ます。夜景以外は多分三脚いらないです。

 

ここまでご覧になっていただいてありがとうございました。

WI-1000X (イヤホン) の感想

WI-1000X (イヤホン) 感想:B+(万人にはオススメ出来ない)

ソニーが満を持して発売したノイズキャンセリングイヤホン。

MDR-1000Xの技術を活かして作ったそうだが、

ノイズキャンセル力は別物と思えるくらい劣る。

ただ値段相応に音はいいので使い勝手は悪くないが、値段が高い。

 

f:id:shamo-ji:20171020201903j:plain

 

MDR-1000Xには大満足していたものの、ヘッドホンゆえのでかさで通勤カバンに入れるのは辛く、結局外では5000円程度の無線イヤホンを使っていたが、ノイズキャンセリング出来る機種ないかなぁと思ってたらソニーが10月に発売してたので店頭で試着して大丈夫そうだと思ったのでソニーストアで5年保証をつけて購入(37000円)。

 

ただ初期状態では性能が発揮できないため、まずイヤーピースを交換。

f:id:shamo-ji:20171020201950j:plain

自分はハイブリッドイヤーピースのLサイズが一番遮音性が高かったです。

 

また、デフォルトだとDSEEHX(ハイレゾ相当に音をアプコンする機能)がオンになっているものの、自分の使っているウォークマンにもその機能がついており重複していて音質が悪化していたため、専用アプリからこの機能をオフに←重要!

 

この状態で一日を過ごしてみました。

 

道路(歩道)

WI-1000X→通常のイヤホンとあまり変わらない、車の音も普通

MDR-1000X→車の音がかなり小さくなる

電車

WI-1000X→通常のイヤホンよりは雑音が減る

MDR-1000X→明らかに静かになる

 

ノイズキャンセリング機能、明らかに微妙です。が、歩いてるときにはヘッドホンより安全です。車が後ろから来てもわかるので。電車ではおもったよりノイキャンしなかったのが残念。

 

まとめ

 

・装着感

かなり良い。MDR-1000Xは数時間付ければ蒸れるし頭重くなるが、これは10時間でも付けていられる。

 

・音質

5000円のイヤホンよりはいい。40000円のヘッドホンとはもはやジャンルが違うので比較できない。イヤホンとしてはクセもなくいい音。

 

・デザイン

悪くない。イヤホンを両方共外しても落ちないのがいい。

 

・バッテリーの持ち

MAX10時間(公式)

 

・総合的満足度

値段の割にはおもったよりノイキャン微妙だな・・・というのが本音。15000円だったら大満足だが型落ちのMDR-1000Xと同じ値段(34000円)だと家用/外出用という違いがあるとはいえ音質、ノイキャン力に絶対的な壁があり、安易に他人にオススメ出来ない。

ただイヤホンとしては音質悪くないです、そこだけ一応強調しておきます。

 

 

最強ヘッドホンのMDR-1000Xの記事はこちら

shamoji.hatenadiary.jp

 

 

ライカ LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 (カメラ)

お気に入りのスナップ用単焦点の紹介です。

 

Panasonic 単焦点 広角レンズ マイクロフォーサーズ用 ライカ DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH. ブラック H-X015-K

f:id:shamo-ji:20171015053945j:plain

f:id:shamo-ji:20171015054020j:plain

 

紹介する中では初のパナライカ。私はキットレンズとして買ったのですが実売価格は48000円ほどです。広角単焦点は20mmも持っていたのですが、GX7mk2とのセット販売が安かったので思わず買ってしまいました。

 

 

・画質 A+

かなりシャープな映りですが、f1.7なのでぼかしも自在です。発色も心なしかライカクオリティ。

 

・値段 B

48000円程度で安定しています。問題はライカブランドとはいえ広角単焦点にその値段を払うか、というところでしょうか。20mmなら3万円以下で買えるところなので。

 

・携行性 A+

スナップに持ち歩くのに軽くて便利です。レンズカバーも、フードの上から付けるデザインなのでフードを付けて、カバーを外して、という手間がかかりません。

 

・手ぶれ補正 C

付いていません。本体側にオリンパス/パナソニックの本体手ブレ内蔵機種を使うか、絞り開放気味に使いましょう。

 

・利便性 A

引けば広角、寄ればボケの典型的単焦点です。20mmや25mmに比べるとスマホ画角に近いので広く画面を使いたい方に向いています。

 

・総評 A

単焦点、それも広角なので使いみちが必然的にスナップになります。その前提でパナライカクオリティの解像感やボケ、発色がほしいなら買いです。単焦点入門としては値段の安い20mmや25mm、少し高いですがパナライカ25mmのほうがいいかもしれません。

 

 

作例

f:id:shamo-ji:20171015055644j:plain

f:id:shamo-ji:20171015055705j:plain

f:id:shamo-ji:20171015055719j:plain

f:id:shamo-ji:20171015055736j:plain

f:id:shamo-ji:20171015055752j:plain

f:id:shamo-ji:20171015055809j:plain

f:id:shamo-ji:20171015055830j:plain

 

 

 

 

iPad Pro 10.5 Wi-Fiモデル(タブレット)の感想

タブレットはmediapadを持っていたのですが、微妙な不満があったり液タブが欲しくなったりしたので思い切ってiPad Pro 10.5 (256GB)を買ってしまいました。

 

iPhone7とのサイズ比較

f:id:shamo-ji:20171015042720j:plain

10.5 inch画面は結構大きいですが、kindle等読む分には重すぎない重量ですし、AmazonプライムビデオやNETFLIXを見てもとても綺麗に見れます(mediapadは汚かった…)

 

f:id:shamo-ji:20171015043015j:plain

 

 

iPhone,mediapad,iPad Pro のサイズ比較

f:id:shamo-ji:20171015043155j:plain

真ん中がmediapad、右がiPad proです。mediapadを横に伸ばした感じです。

ちなみにディスプレイの解像度はmediapadが1920×1080、iPad Proが2224×1668

なんですが120hzディスプレイ?のせいか動画を見る際のクオリティが全然違います。

あと静止画も全然違います。一眼レフで撮った写真を見ると一発で違いがわかります。

 

 

f:id:shamo-ji:20171015043801j:plain

Apple pencilを使って専用お絵かきアプリを使うとなんと液タブとして使うことが出来ます。絵を描く方はペーパーライクな保護フィルムを貼って下さい。私は絵が下手くそなので今は全然使えてませんがいずれはマトモな絵が描けるようになりたいです。

 

 

まとめ

サイズ A

タブレットとしては大きすぎもせず小さすぎもせず重すぎもせずでちょうどいいサイズだと思います。

 

画質 AAA

文句なしです。mediapadの不満がすべて解消されました。一眼レフの写真も綺麗に映せますし動画配信サイトを見てもHD動画が綺麗に見れます。さすがretina

 

容量 A+

256GBモデルを買いました。icloudの50GBも契約してるので当面困ることはないと思います。

 

操作性 A

タブレットといってもiOSなので基本はiPhoneと一緒です。Androidよりは使いやすいのでAにしておきます。

 

バッテリーの持ち B

iOS11のバッテリー使用量が激しいのか、思ったより減る気がします。例えばkindleのみ使用の場合mediapadは3日は持ちましたがiPadは2日で20%まで減ります。

 

利便性 A

家の中で使う分には文句なし、通勤カバンに入れると少し重くなります。

 

値段 C

僕が買った時点で88000円だったかな?mediapadの4倍以上です。一眼レフのレンズが1本買える値段です。高い。けど値段相応の性能はある。

 

総評AA+

ほぼ理想的なタブレットです。mediapadなんて無かった。静止画、動画、アプリの動作、kindleでの読書感、パーフェクト。お絵かき上手になって液タブとして有効活用したいです。