しゃもじの感想

カメラを中心にいろいろ独自紹介記事も書いたりします。

水瀬いのりさん 1stツアー BLUE COMPASS 幕張公演(千秋楽)のイベントリポート 感想

水瀬いのりさん 1stツアー BLUE COMPASS 幕張公演のイベントリポート (感想:全体的にAAA / 個人的にAA+)

 

7/1に、水瀬いのりさん(以下いのりん)の幕張メッセライブ(ツアー千秋楽)に行ってきました!

 

f:id:shamo-ji:20180618160848j:plain

 

いのりん全ライブ開催日程

1stライブ 東京 2017年12月22日

1stツアー 愛知 2018年6月9日

      金沢 2018年6月17日 ←前回これに参加しました。

金沢の様子↓

shamoji.hatenadiary.jp

      神戸 2018年6月24日

      幕張 2018年7月1日 ←今回これに参加しました!

 

会場:幕張メッセ(9000人キャパ)

説明不要でしょう。

 

 

当日の様子

梅雨明け発表翌日、雲ひとつない炎天下。地獄の物販列。

幸いにして、というかほとんど強引にツイッターの相互いのりんフォローの方にご一緒させていただいたので9:30に現地について3時間ほどで物販が買えましたが、肌が真っ赤になるわ体力90→50ぐらいまで下がるわでキツかったです。

 

 

物販購入品

前回金沢で殆ど必要な物を入手できていたので、必要なものは少なかったです。

f:id:shamo-ji:20180702142941j:plain

ブルーコンパスツアー青Tシャツ(これでTシャツコンプ)と黄色リストバンド(金沢でいのりんが最後に着用していたため購入)。今回はトイレでこれに着替えて応援です!!!

 

f:id:shamo-ji:20180702143128j:plain

幕張限定ラバーストラップ、ブルコン限定キーホルダー。ミナカは金沢で全部揃ってるので1枚知り合いに譲りました。

 

 

物販会場にいのりん大ポスターがあり、購入後は写真撮影ができるようになっていました。

f:id:shamo-ji:20180702144947j:plain

 

複数人で並んできた以上、当然やることは決まっていますね。

 

f:id:shamo-ji:20180702145046j:plain

★☆★記念撮影!!!★☆★

 

 

 

 

 

この後はレストランでひたすら時間を潰しました。ちょうど物販列の様子が上から眺められる席でした。

f:id:shamo-ji:20180702144343j:plain

橋の上をひたすら物販列が続いています。

f:id:shamo-ji:20180702144432j:plain

橋を下りてからが最後の関門です。なかなか進まないウネウネロードを1時間以上牛歩します。

 

 

 

入場、席入り前編

さぁ本番だ!!!物販が長すぎて減った体力も復活し、ここからはテンションMAXです。

f:id:shamo-ji:20180702194859j:plain

キングレコードの謎のきぐるみ

f:id:shamo-ji:20180702194936j:plain

いのりんの直筆メッセージ。千葉って印刷以外金沢と変わりません。

 

↓以降フラスタ

f:id:shamo-ji:20180702195024j:plainf:id:shamo-ji:20180702195110j:plain

f:id:shamo-ji:20180702195204j:plainf:id:shamo-ji:20180702195256j:plain

f:id:shamo-ji:20180702195357j:plainf:id:shamo-ji:20180702195435j:plain

f:id:shamo-ji:20180702195629j:plain

実はこのフラスタの中に一つ、重大な伏線が入っているのですが、開幕前に気づいているファンはおそらく0人だと思われます。

 

 

入場後、席入り後編

座席は連番で確保していただきました!ありがてぇありがてぇ・・・

それでは今回の座席発表です!

f:id:shamo-ji:20180702201307j:plain

青丸の場所です。

せっかく確保していただいた連番ですが正直微妙・・・そう考えていた時期が私にもありました(伏線)。手元に3万円の双眼鏡モナーク7も用意し、準備完了。後は開幕を待つだけですね。

 

 

 

開幕!

いのりんは金沢と同じくステージ上の階段の上から登場。

衣装は白と青を基調とした爽やかなドレスです。ツアーでの変更は無さそうですね。

全員で「いのりーん!」大絶叫。「1.ハートノイロ」を歌いながらいのりんが降りてきます。それにしても幕張は照明やレーザーが派手ですね。K席スタンドだと本人のサイズは1.5cmくらいにしか見えないのですが、金沢公演には無かった巨大モニターが左右上方にあるのでそれで表情をしっかり見ることができます。

「2.夢のつぼみ」「3.identity」とツアーのセトリ通りに歌いきります。

ここで暗転してドリンクタイム。

MCでご挨拶。BD収録されているからか(笑)いい子らしくMCをします。ただし、「自分という人間がこんな大舞台に立っていることが未だに信じられない。私って何者なの?!」という部分は本音っぽいですね。2015年のシングルデビューから3年で幕張ソロライブ8000人、圧巻の水色ブレード数がいのりんの目の前に存在していることでしょう。

続いて「4.アイマイモコ」「5.旅の途中」とこれもツアーセトリ。金沢のときにも書きましたが、2nd収録曲は振り付けがカワイイです。そして衣装替えタイムでバンド紹介。

 

 

衣装替え後は左手舞台袖から登場。

衣装は黄色のひまわり付きワンピース。下半身にシースルーヒラヒラ。あまりの可愛さに全オタクが歓喜した。

そして「6.Shoo-Bee-Doo-Wap-Wap!」では金沢でも書きましたがいのりん曲で珍しいフルの振り付け付きです。「7.シネマチックダイアリー」で暗転ドリンク。

MCでは二曲の振り付けに苦戦したことを語ります。そして恒例の「回って」回収。と、ここで会場から「回って!回って!」と再度のコール。金沢では2度めのコールに対して「いやここで回ったら他で回らないよ?」と完全に突き放したいのりんが、なんと「仕方ないな~じゃあ逆回転だけ」と逆回転。これは収録の力なのか?(笑)その後も「ああ~私ってなんて優しいんだろう。みんなもそう思わない?」と慣れた対応。

と、ここでいのりんから衝撃の発表。なんといのりんがメロフラで言っていた

「スキップを出来るようになった」宣言の初披露に!!!

(※旧いのりまち時代から、いのりまち町民集会3回目までいのりんは運動音痴でスキップが出来ないことを毎回ネタにされ下手スキップを披露していた)

会場も大盛り上がり。いのりんコールの中、50m近い幕張のステージを左右にスキップで駆け抜けます!いのりんやったぜ!!!

本人曰く、「ダンスの練習してたら自然とできるようになった」とのこと。「みなさんも夢をあきらめないで!!」とのことですがスキップは夢なのか?まぁいいか。

この後は夏のイメージ通りに「8.夏の約束」「9.夏夢」「10.これからも」を歌って10の途中でバンドのみに。しばらくするとツアー用の映像が流れます。

 

 

衣装替え後は階段上から登場。

衣装はほぼ赤で白が差し色のかっこいいドレス。髪も下ろしてロングで、あまりの色気に全オタクが歓喜した。

「11.Million Futures」を歌いながら降りてきます。ここではこのツアーを通じてサビ部分で本人歌わず、両手を広げて会場のオタクを煽るのですが、心なしかまばらな「Million futures!!!」の合唱でした。金沢公演ではほぼ追っかけオタクなだけに全員一致でコーラスが揃っていたのですが、幕張8000人だと流石に予習不足か。それにしてもこの赤ドレスになってからレーザーとミラーボールが激しくなり、曲の雰囲気だけでなく会場の雰囲気もカッコイイ路線になります。

ここから舞台後ろが星がキラキラした演出になり、「12.Starry Wish」「13.星屑のコントレイル」とカッコイイ曲を歌い切ります。ここでドリンクタイム。

MC後は恒例の「誰かと回転」タイム。ここでいのりんは千秋楽ということでバンドメンバーと全員の回転を指名します。バンドメンバー全員で回転後、幕張で初体験の方は驚きでしょうが、いのりんが「観客もチームだから全員で回って!」「隣の人と顔とかくっついたら大変だから全員右回転に統一で!」と指示。本人は見るために階段上に移動し、合図で会場全体で回転します。いのりんの感想は「何とも表現し難い・・・」

この後「14.三月と群青」を歌いつつ階段上でボッシュート衣装チェンジ。

 

 

衣装替え後は階段上から登場。

上半身が青と白のチェック、下が白のスカートです。爽やかでまさにBLUE COMPASS

「15.アルペジオ」を歌いながら降りてきます。「16.Happy Birthday」と続きますが、7月1日だったので、途中で「7月生まれの人~!」と声をかけて祝福。「17.harmony ribbon」と続いてドリンクタイム。MCに移ります。ここでいのりんから発表があるとの宣言。会場騒然。しかし内容はキングスーパーライブ2018に出演が決まったということで皆既に知っていることだったため、会場微妙な反応(笑)

最後の曲は、いのりんが初挑戦のジャンル、演奏もほぼピアノだけで本人の歌唱力や歌った時の気持ち(いのりん曰く、今この瞬間と5年後、10年後に歌うこの曲は違う)が乗るというバラードである「18.BLUE COMPASS」。あまりに美しい旋律と歌唱力に、金沢のときもそうなんですがブレードを振るのを忘れてしまいました。終わっていのりん、ありがとうと頭を下げて、このタイミングでいのりんの直筆入り青テープがアリーナにばら撒かれます。スタンド席で見ていると、青テープが手に入らない&「え、このタイミング?まだアンコール前だよ?」という感じでした。その直後にいのりんは舞台袖へ。バンドメンバーも解散。

 

ここまでくると完全に定番とかしたアンコールの「いーのーりん!」コール。(ツアー豊橋以降、いのりんのお願いにより完全にファンの間で定着した。)

 

 

暗い中、バンドメンバーがそれぞれのポジションに着いたのを確認した一同は立っていのりん待機。そんな中、今回のツアー最大のサプライズ発生。

 

なんと、いのりんがスタンド席を「19.MELODY FLAG」歌いつつトロッコで進みながらもうほとんど最小30cm接近~各スタンド全体のファンにレスしまくるという奇跡のファンサービス。なんだこりゃあああああああああああああ

 

紫の矢印がトロッコの進路

f:id:shamo-ji:20180702220336j:plain

なんと、残念席と思ってたK席でいのりんに2m接近!!!手も振ってもらえました!!!うおおおおおおおおおおおおおおおおおお

アリーナの方は残念ですが、今回に関しては最前アリーナ以外ではスタンド席のほうが恵まれていたと思います。なぜならトロッコいのりんに超接近してレスしてもらえたからです。

ロッコがCブロック、Dブロックの辺りから曲は「20.Ready Steady Go!」へ。いのりんライブ最強のブチアゲ曲です。いのりんも会場も全員タオルをぶん回しまくり!!!飛び跳ねまくり!!!全員で一斉にサビを大合唱!!!会場の一体感というかもう零体感が最高でライブに行かないと一生経験できない体験です。金沢もすごかったんですが、幕張8000人でのRSGはヤバすぎる。BD買ってもこの体験は絶対に出来ません。

ここで中央ステージに戻り、最後のMC。いのりんアンコールに感謝、そして人生初トロッコに本人も興奮の様子。ひたすらにファンへの感謝を述べるいのりん。ここでいのりんから重大告知。会場大盛り上がり。内容は10/17に1stツアーBDと6thシングルの同時発売のお知らせ。キンスパの告知と違い、今度は本当に新情報だったため、ファン大歓喜!!!そして最後の曲は、ライブのために作った、みんなへ想いを届けるための曲という「21.Sweet Melody」を歌いきって終わります。みんなありがとうと言いつつ舞台を去るいのりん。暗転する舞台。

 

あれ?何このパターン?バンドメンバーが出てきて一緒に揃ってお辞儀じゃないの?え?ひょっとしてダブルアンコール?会場も「もう一度!もう一度!」コール。

 

ステージが明るくなり、舞台袖から走ってくるいのりん!!!会場大絶叫!!!「みんんな~!!!もう一度コールありがと~~~~!!!」こっちがありがとうだよ!

いのりん「みんなのために密かに練習していた歌があります!」会場阿鼻叫喚!ここでミュージックスタート!「22.まっすぐトウメイに。」

そう、あの、キリンレモンですよ!!!あの超カワイイMVのアレですよ!!!会場阿鼻叫喚!!!

多分、今後のライブで披露されることのない、最初で最後の生歌だと思います。本当に素晴らしい楽曲です。声優枠でいのりんを選んでくれたキリンレモンにはもう感謝することしか出来ない・・・

 

キリンレモンで盛り上がった後は本当に終わりです。バンドメンバーが出てきて全員揃っての手を繋いでお辞儀。そしてメンバーは舞台裏に去り、いのりん一人だけでステージを走り回りみんなに笑顔で感謝の手を振りありがと~連呼。こっちがありがとうだよ。

最後はステージ中央に立ち、これからもみんなと一緒に進んでいきたいこと、これだけの人に好きでいてもらえることに戸惑いと感謝をしつつこれからも全力でやっていてきたいことを語りつつ、最後の締めは金沢になかった

「みんな、大好きだよ!」

ぐええええええええ萌え死ぬううううううううう 会場も最大の大絶叫!!!最後は定番の去り際投げキッスで退場。いやーもう最高のライブでした。

 

 

 

総評:いのりんは女神

1stライブ、ツアー金沢に続いて抜群のライブ歌唱力。そしてどこの瞬間を切り取っても可愛いスキの無さ。本当に人間ですか?

金沢公演と比べると、円盤に残るためかMCの場面で一部のファンの声をそんなに拾うことも少なく、「いい子感」を出していました。夏バージョンの服のときに1回転後の2度目の回ってコールが止まらなかったときは、金沢のときみたく素で突き放すわけでもなく、応えて逆回転をしたのが印象的でした。

最初に気になったのは左右が50m近くある幕張のステージのためか、15m程度の金沢公演のときのように歌っている間に左右に走ってレスしまくることがなかった点ですが、この疑問点はアンコールでのトロッコで全て吹っ飛びました。「MELODY FLAG」を歌っている時間全てでレスをしていたことになるので、スタンドでのレス数だけでとんでもないことになりますね。アリーナの方はこの点で可哀相かも。

最初の感想で金沢AAA、幕張AA+にしたのは単に金沢での異常な座席の近さによるレスとか目の合った回数による主観的満足度の違いで、トロッコやダブルアンコールなどのおかげで総合的な満足度は幕張が劣るものではありません。

いやぁ、最高の千秋楽でした。他に書きたいことは金沢の方で書いてあるので書きません。いのりんのメッセージ通り、ずっと一緒に進んで(応援して)いきたい素敵な女性です。いのりん、1stツアー本当にお疲れ様でした。

 

 

BLUE COMPASS【初回限定盤】

BLUE COMPASS【初回限定盤】