しゃもじの備忘録

カメラを中心にいろいろ独自紹介記事も書いたりします。

フリクリ プログレ 日比谷舞台挨拶の感想

フリクリ プログレ 日比谷初日の感想

劇場版フリクリ プログレ

TOHOシネマズ日比谷の上映初日の回に9/28に行きました。

f:id:shamo-ji:20180929234625j:plain

 

こういう映画です。

 

何を隠そう、9/21のイベントに水瀬いのりさんが登壇したのを観に行った直後、主演の水瀬いのりさん(以下いのりん)の舞台挨拶が決定し、「通常料金」で0時から予約開始で前列7列目を確保できました。

 

うわめっちゃ座席近い!これは神イベだわ・・・

 

f:id:shamo-ji:20180929235042j:plain

入り口で謎のステッカーを貰いました。

 

内容的にはプログレッシヴ(前衛的)でした。

 

ゲスト登壇~

福山潤さん、水瀬いのりさん、井上喜久子さん、御三方とも軽快なトーク

 

以下、いのりん抜粋

①作品を通じて

収録が去年の12月から始まり、何度も分けて録ったので劇場版という感じがしなかった。TVシリーズの収録のような感覚。出来上がってみると、流石はフリクリという感じ。

②キャラクターとの共通点

ヒドミというキャラはいろんな顔を見せ、演技上のギャップもあったが、それは14歳でデビューし、18歳になる頃には現場慣れが中身23歳ぐらいの気持ちだった自身も同じ。思春期的な感じもあれば、ロボになることもあった(笑)のは不思議な現場でした。
 

③作品で1番印象に残った点

えぇ〜。凄い作品なので色んな場面がありますけど、(林原演じる)先生に(Hな動画を)見せられてるシーンはキャラ上は動じてないんだけど、私自身はかなり動じてました。えぇ〜!?っていう。あとイデ君に聞かれてたりするシーンもかなり際どいですが、そこも含めてフリクリ
 

④2回目見てもらうならどこに注目してほしいか

多すぎて指定しにくいが、イデ君との青春的な面は是非注目して欲しい。
(17歳からの話の流れで)林原さんの台詞が、一発録りの編集なしでもう凄かった
福山氏「何故先輩が茨の道を往くのかと」
17歳「収録後の食事で作品に懸ける想いが凄かった
 

⑤この作品にサブタイトルをつけるなら

17歳「青春は爆発だ
いのりん「もう一度見に来てください(的な感じ)」
 

⑥ラストコメント

いのりん「この作品に関われて良かったです。皆さん何度でも観に来て下さい、
本日はどうもありがとうございました(要約)。」
 

・個人的に感じたこと

・女性割合多め(1/3程度?)、福山潤さん目当てか(実際、ギアスから知って以来若いまま)
・言うまでもないがいのりん美人すぎ。髪長くなってから左手で髪かきあげる癖が美しく
・17歳といのりん仲が良い、22:00過ぎてますけどこれ(法的に)駄目では?とブッこむ
 
 
Twitter抜粋

 

以上になります。ご覧頂きありがとうございました。