しゃもじの感想

基本的にTwitterに書いた感想の抜粋です。独自紹介記事も書いたりします。

推しが武道館いってくれたら死ぬ(漫画) の感想

推しが武道館いってくれたら死ぬ(漫画) 感想:AA(これは買い)

主人公は岡山県在住の20歳女子で地元の地下アイドルの1番不人気な子のためにひたすら貢いで応援している。

他のドルオタとの絡みでオタ用語が解説付きで出ており丁寧。テンポのいいギャグやアイドル同士の葛藤もありかなりの名作。

 

f:id:shamo-ji:20180528113851j:plain

 

 

登場人物の紹介

 

えりぴよ(本名:えり)

f:id:shamo-ji:20180528114712j:plain

主人公で自分も20歳女子だが推しの舞菜のために2年貢ぎ続け、自分の服は赤ジャージのみという漢らしさ。推しの舞菜(一番不人気)に一目惚れして以降、ひたすら握手会などで接触し続けるも、正面で相対したときの不器用さと舞菜のビビリ具合でなぜか塩対応のような感じになってしまっている不幸な状態。ちなみに他のオタクにも知名度が有り、存在が周囲を威圧するため舞菜と握手する人物がえりぴよだけになってしまっているという不幸の連鎖を呼んでいる。

 

f:id:shamo-ji:20180528120040j:plain

 

 

くまさ

f:id:shamo-ji:20180528120237j:plain

岡山県の地下アイドル『Cham Jam』の最古参トップオタクにしてセンターのれお推しのおっさん。オタクパートではえりぴよのツッコミ役に徹することが多い。

 

f:id:shamo-ji:20180528121929j:plain

主要登場人物の中ではオタ歴は浅いが、空音のガチ恋勢。えりぴよの言動にだいたいドン引きしている。実はクールな妹がいる。妹は舞菜推し。

 

 

アイドル側主要登場人物紹介

 

舞菜

f:id:shamo-ji:20180528122357j:plain

 

Cham Jamでは人気投票最下位、握手会参加者は主にえりぴよ(独占)、ダンスの立ち位置は後列左側で前列に隠れることが多い内気なアイドル。

メンカラーはサーモンピンク。リーダーがピンクなために被るとよくないこととされたこと、運営が「君、サーモンピンク似合うよ!こんなにサーモンピンク似合う子見たことないよ!」という謎の説得によりこの色とされているが、チラシでも一人だけサーモンを持たされているという酷い扱い。

 

f:id:shamo-ji:20180528123253j:plain

実は古参で自分を大事にしてくれているえりぴよとは本当に仲良くしたいと思っているが、生来の不器用さと「ファンとアイドルの線引き」をきちんと守っているためなかなか握手会でもうまく会話が成立しないというジレンマを抱えている。(えりぴよのコミュ障ぷりも大きい)

 

 

れお

f:id:shamo-ji:20180528124032j:plain

 

グループの圧倒的看板にして不動のセンターのれお。実は前に所属していたインディーズアイドルユニットが解散になり、地下のcham jam で再出発する挫折を味わっている。以前のユニットで後列だったときから応援しているくまさのことはファンとしてとても大事に思っており、くまさとれおの(アイドルとファンとしての)絆が垣間見られるのも本作の魅力の一つ。メンカラーはピンク

実は元々ダンスが得意ではないことを自覚しており、人一倍の努力をしている。また、ユニットメンバーに対しては絶対的に優しく、アイドルとしてのプロ意識も高いためほとんどのメンバーから尊敬されている。

 

 

空音

f:id:shamo-ji:20180528125338j:plain

 

クールキャラだが握手会での対応は上手い。いつもみんなを先頭で引っ張るれおをとても尊敬している。メンカラーはブルー。同じユニットメンバーで勉強の苦手な優佳によく勉強を教えている。人気はもともと高かったが、『街で男と歩いているのを見た』という悪質なデマにより握手会0人などの理不尽な目にも遭っている。(その時間空音は優佳に勉強を教えていた)

 

 

感想

非常によく出来た漫画です。オタ側視点でのえりぴよの突飛な言動とくまさのツッコミのテンポの良さ、アイドル視点での人間関係やなかなかメジャーデビュー出来ないことへの焦りなどがうまく構成されていて読んでて飽きません。4巻こそ地下ドル同士特有のドロドロさが少し垣間見えましたが、全体を通して非常にテンポがよく、またオールアナログ画でありながらコマの手抜きもなく絵がとても上手です。このブログを見た方にはぜひ手にとっていただきたい作品です。

 

 

おまけ

実は相思相愛なえりぴよと舞菜はいろいろなところですれ違っているのですが、(主にえりぴよがコミュ障なせいで)うまくいきません。本作の魅力の一つ(ギャグ面で)でもあるのですが、いくつか紹介したいと思います。

 

炎天下で朝一番で並んだため臭いとかどうしようと思って焦って撮ったチェキ

f:id:shamo-ji:20180528140535j:plain

 

 

ガールズフェスタ(主に雑誌モデルが選ばれる)に舞菜がサプライズ出演

f:id:shamo-ji:20180528140747j:plain

f:id:shamo-ji:20180528140815j:plain

f:id:shamo-ji:20180528140839j:plain

f:id:shamo-ji:20180528140903j:plain

 

 

初めてのファンレター

f:id:shamo-ji:20180528141034j:plain

f:id:shamo-ji:20180528141122j:plain

f:id:shamo-ji:20180528141205j:plain

f:id:shamo-ji:20180528141245j:plain

f:id:shamo-ji:20180528141341j:plain

※ちなみにスタッフの過失により廃棄されました・・・

 

 

舞菜の嫉妬(?)編

f:id:shamo-ji:20180528141701j:plain

f:id:shamo-ji:20180528141738j:plain

f:id:shamo-ji:20180528141816j:plain

f:id:shamo-ji:20180528141843j:plain

 

 

電車ですれ違い、ファンとして離れるえりぴよに懸命な一言

f:id:shamo-ji:20180528142018j:plain

 

 

 

人気投票(CD買い占め)のためにバイトを増やした結果、えりぴよは骨折して金欠に陥る。握手会も今までのように積めず1枚だけとなり、オタクの間でえりぴよの推し変やドルオタ引退が囁かれ始める。不安になる舞菜。

f:id:shamo-ji:20180528142359j:plain

 

 

金欠えりぴよからの初めてのプレゼントに喜ぶが・・・

f:id:shamo-ji:20180528142743j:plain

f:id:shamo-ji:20180528142801j:plain

f:id:shamo-ji:20180528142909j:plain

注:緑色はあーやのメンカラー

 

 

街で突然すれ違う舞菜とえりぴよ。突然の遭遇に・・・

f:id:shamo-ji:20180528143046j:plain

f:id:shamo-ji:20180528143217j:plain

 

ドルオタ視点、アイドル視点のギャグが最高に面白いマンガです。ぜひご購入ください。

 

 

推しが武道館いってくれたら死ぬ(1) (RYU COMICS)

推しが武道館いってくれたら死ぬ(1) (RYU COMICS)