読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しゃもじの感想

基本的にTwitterに書いた感想の抜粋です。独自紹介記事も書いたりします。

君は淫らな僕の女王(漫画)

君は淫らな僕の女王(漫画) 感想:A+(下ネタ大丈夫ならオススメ)

独特のギャグセンス光る岡本倫原作のギャグエロ純愛漫画。

この漫画を読む前に50冊ほど漫画を読んでいたが純愛度とギャグ度とエロセリフ度でこの作品に勝つ漫画は一つもなかった。岡本倫ファンだけでなく下ネタ純愛好きにお勧め

f:id:shamo-ji:20170220181935j:plain

あらすじ

  主人公は美少女の幼馴染・昴と同じ学校(名門私立)に通うために努力して特待生枠として入学する。しかし、過去を知る彼は彼女からは嫌われているようで、凹む主人公。そんな中、『裏の神様裏の神様言うとおりにします』と言った後に願い事をすると叶うという噂を聞く主人公。ばかばかしいと思いながら、男子寮の自分の部屋で『クローゼットのドアを昴の部屋に繋げてください』と願う。「アホくさ・・・」

f:id:shamo-ji:20170220181955j:plain

 その後ひと悶着あり、裏の神様に報酬の”自制心”を要求される主人公達。一日に1時間だけ昴の自制心がなくなってしまうという。すると突然泣き出す昴。昴は主人公が「女の子らしい子が好き」と言ったことから今まで頑張ってきたと言う。しかし本人を前にして女の子らしい女の子を装うのは恥じらいがあり、そのために主人公の前でツンツンしてしまっていたとのこと。そして昴は願う・・・

f:id:shamo-ji:20170220182015j:plain

 そう、昴はとても淫らなお嬢様だったのです。

感想 A+(エロネタ好きならオススメ)

 あらすじ以降もいろいろなハプニングやエロ展開がありますが、この作品の根本のテーマはあくまで純愛のところが好きです。岡本倫先生の作品はエルフェンリートからノノノノブリュンヒルデまで読みましたがぶっちゃけこの作品が真骨頂です。エロネタギャグをやりながらも胸にキュンとさせるセンスは随一です。ピュア恋愛+エロネタというジャンルを愛するすべての人にオススメします。

 

MediaPad T2 10.0 Pro Wi-Fiモデル(タブレット)

最近愛用のタブレット、MediaPadを紹介します。

MediaPad T2 10.0 Pro Wi-Fiモデル

f:id:shamo-ji:20170220105117j:plain f:id:shamo-ji:20170220105142j:plain

10.1インチのタブレットで、SIMを入れられないWi-fiモデルです。自身の都合でpdf文章を拡大せずに閲覧できるタブレットが必要になり、価格.comに張り付いたり家電量販店の店頭でいろいろ物色したりしてるうちにこれが欲しくなり買いました。一部不満はありますが、概ね満足しています。

 

・サイズ A

10インチで結構大きいです。だいたいiPhone7が上に4つ並べられるくらい。重さは495gと約500gにもなりますが持ってみると案外重くないです。kindle本を読むときに重くて困った経験はあまりないです。

・画質 B

解像度は1920×1080のフルHDで、pdf閲覧にせよkindle読書にせよ困ったことは殆どありません。しかし、色再現性に関しては酷く、一眼で撮った写真をこのタブレットで見ようとするとグラデーションの部分が潰れて見るに堪えません。フルHDの映像を見てもなんだかボヤけて見える気がします。画質にこだわる方は素直にiPadを買おう!

・容量 B

16GBで大して入りません。kindle書籍を買っていたら圧迫されるレベルなのでMicroSD128GBを導入してそちらにデータを移しました。256GBも使えるのかな?ちょっと仕様を確認してませんが128GBまではとりあえず使えます。

・操作性 B

標準的Androidの操作性です。スマホAndroidの人なら悩むことは殆どないでしょう。私はスマホiOSなので初期設定にはやや戸惑いましたが…

・バッテリーの持ち A+

kindle読みまくっても3日は持ちます。逆に何もせず放置しても6日程度は持ちます。これはスマホにない利点ですね。

・利便性 A

家でkindleを読むことに関して大変お世話になっています。一方で外に持っていくにはでかくて重い気がします。ノートよりは薄くて軽いですが。Wifiモデルなので基本は家用でしょうね。

・値段 AA

なんと23000円程度です。iPadが6万~10万するのに比べて1/3以下で買えちゃいます。この値段がこのタブレットを買う決定的要因でした。ですが画質が悪いので、タブレットで写真や動画をガンガン見たい、ゲームもやりたい人は素直にiPadを買おう!

・総評A+(電子書籍やpdfを見るなら)

非常にコスパに優れたタブレットです。kindle読むのに大変お世話になっています。というかkindle専用機と化しています。おいおい、だったらkindle fireのほうがいいんじゃないかって?馬鹿なことを言うなよジョニー。pdfやwordやexcelもちょいちょい弄ることだって時にはあるだろ?人には言えないアプリ(例:加藤恵)をDLすることだってある。だからAndroidタブレットは必要不可欠なんだ、わかったかい?ジョニー。

 

 

恋は雨上がりのように(漫画)

恋は雨上がりのように(漫画) 感想:AA(とてもオススメ)

45歳雇われ店長へのバイト美少女の片想いがとても美しく描かれる名作。

面白すぎて6巻まで一気に買って2周してしまった。モノクロの漫画なのに文学的でキラキラとした青春の恋の色が伝わってくる。最近読んだ中では一番面白い。

 

f:id:shamo-ji:20170220152542j:plain

※補足

140字だけじゃ書ききれないくらい魅力的な作品なので独立記事にします。

あらすじ

 クールな表情でファミレスのバイトをこなす女子高生(美少女)の橘あきら。彼女の目にはお客にペコペコと頭を下げる店長。同僚の店員の反応は「情けないわね~」「パっとしないわね」という当然のもの。その後、休憩室で食事を摂っているときに店長がやってくる。店長は大声でクシャミをしたり鼻水をかんだり、頭の後ろには10円ハゲ・・・

 店長にシフト希望を渡すあきら。店長「(まるでゴミでも見るような目だったな…)」「ま、あの年ごろからしたら俺なんてゴミ同然か。ハハハ…」

 

 

 しかし、あきら視点では、シフト希望を渡した後、

f:id:shamo-ji:20170220192719j:plain

(いっぱい喋っちゃった)(ライバルもいない♪)

感想(買って損なし)

 あらすじもほぼ冒頭ですが、僕はこの時点でこの作品にぐぐっとひきこまれました(笑)。その後、純情少女あきらは思いっきりストレートに告白したかと思えば小学生レベルの純情さで45歳店長に迫ったり、店長はマトモな倫理観がある人なので彼女のアピールをかわしたり、思わぬ一言でデートに行くことになったりと大変なことになります。格差恋愛漫画といえばそれだけなんですが、この作品はとにかく全編に渡って爽やかさがあり、下品なエロ要素などはありません。あきらは元運動部でいろいろと人間関係のモヤモヤもあるのですが、あきらと店長の関係が主軸なのであくまで添え物程度です。伝わったかどうかわかりませんが、この作品は本気で面白いので多くの方に読んでいただきたいです。

 

LUMIX G 42.5mm/F1.7

今回もレンズの紹介。一番気に入っているレンズです。

LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH./POWER O.I.S. H-HS043-K

f:id:shamo-ji:20170219075938j:plainf:id:shamo-ji:20170219075959j:plain

オリンパスのZUIKOシリーズに45mm f1.8という有名なレンズがあります。そのレンズはボケ量を生かしてポートレートで大活躍するレンズなのですが、パナソニックLUMIXシリーズでその画角で出したレンズがこの42.5mm f1.7です。35mm判換算で85mmなので使いどころは難しいのですが、自分は主に花撮りに使用しています。背景が面白いようにボケてくれるのでとても楽しいです。

 

・画質 AA

ピントがあえばシャープ、それ以外はボケと分かりやすい。何度もこのレンズでお気に入りの写真を撮ってきました。

・値段 A

32000円程度です。万能レンズではないですが、花撮り/ポートレートなら買いましょう。

・携行性 A

軽く、小さいです。個人的にGX1と外見がベストマッチしている気がします。カメラバッグに入れるときにもフードを外した際の小ささを感じます。

・手ぶれ補正 A

手ぶれ補正のないGX1で花撮りが出来るのは手ぶれ補正のおかげです。結構役に立ってくれて、手撮りでも歩留まりは悪くないです。

・利便性 B

あくまで花撮りやポートレート用と割り切って使うレンズだと思います。これ一本でお出かけはないと思います(15mmや20mmや25mmを携帯してください!)。

・総評 A+(買うと写真の幅が広がる)

オリンパス45mmに匹敵するボケ、手ぶれ補正がついたマイクロフォーサーズ最強の花撮り/ポートレートレンズだと思います(マクロを除く)。値段も手ごろで、万能レンズでカメラに慣れてきたら買ってもいいレンズだと思います。このレンズ買う前はマクロとこのレンズのどちらを買おうか迷っていたのですが、すっかり42.5mmにハマってしまいました。

 

作例

f:id:shamo-ji:20170219082422j:plain f:id:shamo-ji:20170219082450j:plain

f:id:shamo-ji:20170219082507j:plain f:id:shamo-ji:20170219082536j:plain f:id:shamo-ji:20170219083413p:plain

 

 

 

LUMIX G 20mm/F1.7 II

LUMIX G 20mm/F1.7 II ASPH. H-H020A-K

f:id:shamo-ji:20170218173607j:plainf:id:shamo-ji:20170218173638j:plain

今回、紹介するのはLUMIXのいわゆる神レンズ、20mm f1.7です(35mm判40mm)。このレンズは長い間"神レンズ"の愛称で親しまれてきました。便利ズームを使っている今では使いどころは少ないですが僕も気に入っています。

 

・画質 A+

若干AFが遅いですが(昔から言われている欠点)解放からシャープで、素直なボケも出せます。35mm判換算40mmという画角はかなり使いやすくて、普段使いで単焦点一本だけ選べと言われたらこのレンズか25mm(換算50mm)のどちらかになると思います。

・値段 A

だいたい30000円を切っていて、入門用単焦点としては最適です。

・携行性 AAA

パンケーキレンズです。これより小さいレンズのほうが少ないです。

・手ぶれ補正 C

LUMIXのレンズですが手ぶれ補正が付いていません。本体に手ぶれ補正がある最近のLUMIXボディかオリンパスボディなら問題ないですが、そうでないならかなり開放F値に近い側で使う状況が多くなると思います。

・利便性 A

単焦点一本のみで写真撮りに行こうと誘われたら僕はこれを選びます。使い勝手はいいです。念のためにカメラバッグにいつも入れています。

・総評 AA(買いやすい)

マイクロフォーサーズで明るい単焦点というと、これ以外にもパナライカの15mmや25mmがあるのですが、値段がこちらのほうが安いので買いやすいかな、というところ。15mmは正直欲しいと思ってるのですが沼にハマりそうなので我慢してます。

 

・作例

f:id:shamo-ji:20170218180001j:plain

f:id:shamo-ji:20170218180052j:plain

f:id:shamo-ji:20170218180417j:plain

 

 

 

LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

愛用のLUMIX GX1に付けているレンズについてここで紹介したいと思います。

LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S. H-FS14140-KA

f:id:shamo-ji:20170218163456j:plain f:id:shamo-ji:20170218163528j:plain

 

いわゆる万能ズームです。35mm判で28-280mmまでの10倍をカバーしてくれる優れもの。使い勝手は非常に良いのですが、家族に持たせると「重い」と言われます。マイクロフォーサーズだから10倍ズームがこのサイズなんやで、とは一般人には言いにくいところです。。。

 

・画質 A

シャープな映りで、常用レンズとして使えます。そんなに明るくないので特別ボカしたりするのは苦手です。

・値段 B

この記事書いてる時点で価格.comで48000円前後ですね。自分も半年前にそれくらいで買いました。一眼レンズとしては安いけど一般的感覚だと高いといったところかも。

・携行性 B

フルサイズやAPS-Cと比べたら軽い!小さい!なんですが一般人には通用しないのでこの評価。小さいんだけどなぁ。。。

・手ぶれ補正 A

GX1には本体側の手ぶれ補正がついてませんが、レンズの手ぶれ補正のおかげでそんなに歩留まりは悪くないと思います。

・利便性 AA

何といっても10倍ズーム!スナップから記念写真から望遠ズームまで何でも撮れます。旅行にいったときも殆どこれ一本でした。カメラはこうでなくっちゃ!

・総評 A+(できたら買ったほうがいい)

LUMIXユーザーなら持ってて損は絶対しないです。オリンパスユーザーはZUIKOで似たようなのがあるのかな?10倍ズームはとにかく便利なのでカメラバッグに一本入れておくと旅行だったり望遠使いたいときに重宝します。

・作例

f:id:shamo-ji:20170218165507j:plain

f:id:shamo-ji:20170218165553j:plain

f:id:shamo-ji:20170218165614j:plain

f:id:shamo-ji:20170218170006j:plain

 

 

 

MDR-1000X(ヘッドホン)

MDR-1000X(ヘッドホン) 感想:AA+(超オススメ)

SONYのノイズキャンセルワイヤレスヘッドホン。実売価格4万円だが、その価値はある。1万-3万の下手なヘッドホン/イヤホンを買うくらいならこちらのほうがいい。とにかくノイズキャンセル機能とデジタルアンプ内蔵で音質が良い

 

f:id:shamo-ji:20170220104049j:plain

※補足

私は従来、ワイヤレスイヤホンとワイヤードイヤホン(ハイレゾ対応)、ノイキャン用にワイヤードのヘッドホンMDR-10RNC(ハイレゾ対応?)を使い分けて生活していたが、MDR-1000Xを買ってからは事実上一つで済むようになった。

・装着感

特に重くもなく、頭と耳にフィットする。250g前後だが、MDR-10RNCより軽く感じる。

・音質

MDR-1よりMDR-10/MDR-100よりで、低音は強くない。BOSEやMDR-1のほうが好きなら不満に感じるかもしれない。ただ、強烈なノイキャン機能とデジタルアンプ内蔵のために繊細ささえ感じる音質はMDR-1000Xに軍配が上がると思う。

・デザイン

特に可もなく不可もなく。出かけるときも特にダサくはない。

・バッテリーの持ち

ワイヤレスヘッドホンで一番気になる部分だと思われる。公表されてる仕様だとNC使用時で20時間だが、少なくとも1日5時間を3日ほど続けて使ってもバッテリー切れにはならなかったので15時間以上はあると思われる。

・総合的満足度

かなり高い。本当に買ってよかった。バスの中、電車の中、スーパーの中、うるさい音をシャットアウトしてくれて本当に助かっている。あとハイレゾも聴けるところも。

 

 

 

フリップフラッパーズ(アニメ)

フリップフラッパーズ (アニメ) 感想:A(オススメ)

いやーフリフラいい作品だった。作画に至っては劇場版クオリティだったけどよくこんな作り込めたなぁ。ココパピになるのかココヤヤになるのかがドキドキしたけど生まれる前からの付き合いだからココパピなのかな。前半の不思議系アニメから後半最終話へ話の繋がりも見事な脚本で最後まで楽しめました。

漫画の感想まとめ(3/14更新)

このページではtwitterに140字で書いた感想をそのまま転載しています。

面白い漫画についてはこの記事から消して、漫画カテゴリで単独記事に格上げしているのでそちらを参照してください。

 

ゴールデンゴールド(漫画) 感想:A+(とても面白い)

好きな男子が高校になったら大阪に行く(理由はアニメイト)と知った主人公の女の子が、海で拾った物体を空いた祠に入れて「島にアニメイトが建ちますように」と願ったことから始まる島のゴールドラッシュ。ところどころのシーンで鳥肌が立つ

 

天野めぐみはスキだらけ!(漫画) 感想:B(実質エロ本)

タイトルに偽りなしで天野めぐみが幼なじみの主人公の前でスキを見せまくる内容なのだがパンツとブラはほぼ恒常的に見せてるしたまに中身も見せるのでまさに歩くエロ本。ラブコメだとブラ見せやキスまで物語があるが、ないのでこれはエロ本

 

変女〜変な女子高生甘栗千子〜(漫画) 感想:B(下ネタ好きなら)

ヒロインが下ネタ言いまくりの漫画。それはいいのだが、主人公の言動が幼稚で下品なため感情移入しにくく、ヒロインと接近するシーンでもドキドキ感が損なわれてしまうという欠点がある。ラブコメもあまり期待できなさそうに思った

 

魔法使いの嫁(漫画) 感想:B-(好きな人は好きそう)

魔法使いの弟子兼嫁にされた少女の遭遇する出来事と解説を通じて世界観を深めていく作品なのだが、1巻から情報量過多で読むのが面倒くさい。作者が練りに練ってるのはわかるがそういうのは3巻以上かけて説明したほうが無難で読みやすい

 

あそびあそばせ(漫画) 感想:B(顔芸好きなら)

美少女が描ける作者が全力で美少女の顔芸を描いたギャグマンガ。ギャグのほうは割と緩くてそんなに笑える感じでもないが顔芸がとにかく気合い入ってるのでそちらの勢いで笑ってしまう、そんな漫画。

 

恋と嘘(漫画) 感想:A+(オススメ)

政府通知によって結婚相手を決められる社会。それは確実にうまくいく相手とされ、拒否権はあるが、行使すると評価に響く。主人公は両想いの相手がいながら政府通知の相手にも少しずつ惹かれ、すれ違いの三角関係になるかと思いきやホモォもいて四角関係でした

 

ありそうでNASA(漫画) 感想:B-(特に勧めない)

絵は上手いSF系ギャグ漫画。月面基地の忘れられた子供が成長して地球に帰ってきたという設定なのだが、どうもギャグが常に滑ってるというか私の口に合わない。表紙の美少女の出番がほぼないが乳首は出ます(プラス評価)。2巻はいいかな

 

星野、目をつぶって。(漫画) 感想:B(それほど)

スクールカースト底辺の根暗男子が訳あってスクールカースト上位の化粧美人(すっぴんは芋顔)のメイクを担当するという話。テンションの高さが若干読んでて疲れるし、ヒロインもテンプレ少年マンガ顔で萌えにくいので2巻は買わなくていいかな…

 

中原くんの過保護な妹(漫画) 感想:B(妹好きにオススメ)

タイトルから想像できる内容そのままの4コマです。

二次妹好きなら楽しめると思います。

内容がそれしかないので妹好き以外の趣向の方にはオススメしません。

 

クズの本懐(漫画) 感想:B(特にオススメはしない)

実の兄が好きな妹が代わりの男と付き合う話。絵は全体的に可愛げで癖がなく、

テンポもそこまで悪くはない。が、何か決定的に面白い要素もないためダラダラと流し読みしてしまった。正直、2巻以降を買いたいと思わせる引きもなかった。

 

死神様と4人の彼女(漫画) 感想:B+(まぁまぁ)

非リアを殺す死神に脅されリア充になるべく4人にラブレターを出したら全員OKされてしまった純愛好きピュアボーイのハラハラ四股生活。死神の策略でバッティングするのをどう回避するのかが見物で割と読者もハラハラできる。まあまあ笑えます。

 

ワンダーラビットガール(漫画) 感想:B+(それなり)

ワンダーラビットガールという言葉を残して発狂した兄の無念を晴らすために兄になりすまして学園生活を送るオタク弟。何故か入手した女子の性癖リストで女を落としまくり秘密に近づいていくミステリーギャグ漫画。それなりに面白いそれなりに

 

うれしょん!(漫画) 感想:B+(尿フェチにはオススメ)

あったようでなかったオシッコ漫画。作者は馬鹿である。だがそれがいい

主人公は幼なじみのオシッコ音に興奮するオシッコ好き。そこに嬉しいと大量のうれしょんをしてしまう旧友の美少女が転校してきて……続編が出ることに期待したい。

 

ふだつきのキョーコちゃん(漫画) 感想:A(オススメ)

重度のシスコン不良兄とそれにツンツンする妹、と世間で認知されているが実際にはキョンシーの妹とそれを封印するリボンがほどけないか心配な兄が送るハートフル日常系マンガ。日常系は退屈して切っちゃう自分でも完結まで読めたのでオススメ

 

結婚指輪物語(漫画) 感想:A(なかなか)

トーリーはなろうファンタジーにありがちなハーレム王道なんだけど絵がすごーい!あとエロかわいいー!シンプルで美麗なハーレム物が好きなフレンズにオススメだよ!

 

駄能力JK成毛川さん(漫画) 感想:A(オススメ)

一見して完璧美少女の成毛川さんの正体が妖怪陰毛ちらしで、好きな相手である里中君の陰毛をゲットするために苦労するというギャグマンガ。エロ要素はそこそこ。いろんな駄妖怪が出てきて飽きさせない。

 

おにいちゃん★コントロール 感想:B+

こはるの日々 感想:A

危ノーマル系女子 感想:C

恋愛暴君 感想:B-

陽下3姉妹はかまってほしい 感想:A

彼女はろくろ首 感想:B

姉なるもの 感想:A

寄宿学校のジュリエット 感想:C

なんでここに先生が?! 感想:B

 

また、同じ夢を見ていた(小説)

また、同じ夢を見ていた(小説) 感想:A(オススメ)

とても素敵な物語。小学生の少女が、個性的な登場人物達との触れ合いを通じて、

「幸せ」を探していく。物語の核心に迫ることはネタバレ防止のため何も書けないが、最後はハッピーエンドで終わる点もとても心地よい。アバズレさんがいい人でした。

 

f:id:shamo-ji:20170220152644j:plain